Tempo confortável…

ventoeluz.exblog.jp ブログトップ

タグ:写真 ( 16 ) タグの人気記事

パリの自由 - Willy Ronis写真展 -

フランスを代表する写真家の一人、
ウィリー・ロニスの写真展へ。(何必館・京都現代美術館)
c0190391_15463047.jpg

c0190391_1549462.jpg

1910年に生まれ2009年に亡くなるまで、20世紀のパリを見つめ続けて来たウィリー・ロニス。

アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロベール・ドアノーからも感じる、
誰もが憧れるパリの”光と影”が美しい一風景を捉えた微笑ましい作品が多い一方で、
例えば「シトロエン組合のストライキ指導者」のような、
ジャーナリスティックな観点で切り取った、パリのもう一つの”光と影”をもリアルに写し出す。

この辺りが”パリの生き証人”と称された所以なのだろう。

More
[PR]
by vento-e-luz | 2010-10-24 16:34 | 写真

Um cheiro chuvoso 雨の匂い

今日から世間よりも一日早く仕事が始まる。

昨日、自転車に乗っていると、ポツリポツリと雨が降り出した。

アスファルトの匂いが湿気を帯びた空気に溶け込む。

脇道にはもう紫陽花が咲いていた。
c0190391_20155477.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-05-06 20:17 | 自転車

下町日和 - 太田未来子さん写真展

今日は友人たちと琵琶湖へ走りに行く予定だったが、

天気が下り坂のため、延期。

お昼前までのんびり過ごし、BROMPTONに乗り、

下町日和 - 太田未来子さんの写真展 へ。
c0190391_14122782.jpg

タイトルと太田さんのお人柄がぴったり合っていて、ほっこりした気分。

自分も何気ない下町をあんな風に撮れればなあ…。

舞子から自転車で来られたおじさんを太田さんがパチリ、その後ろからパチリ。
c0190391_14134772.jpg

少しお話させて頂いたり、写真を撮って頂いたりと、楽しい休日の午後。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-05-04 14:31 | 自転車

O mar da primavera 春の海

c0190391_19582218.jpg

AM9:00に待ち合わせ、快晴の中、西へ向かう。

神戸、須磨、垂水、舞子、明石、大久保、二見まで走る。

あまりの心地良さに、止まるのがもったいなくて、

ほとんど写真を撮れず終いだった。

今年に入ってから初めての100km/日 。

暖かくなるにつれて、走行距離が延びていく。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-15 20:11 | 自転車

Saudade サウダージ

c0190391_20562332.jpg

Saudade(サウダージ)
 
郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などの意味合いを持つ、

ポルトガル語およびガリシア語の語彙。

他の言語では一つの単語で言い表しづらい複雑なニュアンスを持つ。

単なる郷愁(nostalgie、ノスタルジー)でなく、温かい家庭や両親に守られ、

無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分への郷愁や、大人に成長した事で

もう得られない懐かしい感情を意味する言葉と言われる。

だが、それ以外にも、追い求めても叶わぬもの、

いわゆる『憧れ』といったニュアンスも含んでおり、

簡単に説明することはできない…
Wikipediaから抜粋


喜怒哀楽以外にもたくさんある、人間の感情を表現していて好きな言葉。

ボサノヴァやブラジル音楽を聞いていると、頻繁に歌詞に散りばめられている。

ポルトガル語は、日本語の母音と子音に近い発音で、

日本人の耳に馴染みやすく心地よいと何処かで読んだ記憶がある。

個人的 Saudade のイメージは、夕暮れの海。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-11 20:57 | 自転車

Uma fragrância da primavera 2 春の香り 2

数日前の菜種梅雨を忘れさせるような晴天。

この時期に降り続く雨を菜種梅雨というからには、

もう菜の花は咲き始めているのだろうか?

そんなことを考え、暖かい日射しと時折吹く冷たい風を浴びながら、

ゆっくりとペダルを漕ぐ。

灘浜に近づくと花の香りに気付き、公園付近に目を向ける。

花壇に植えられた菜の花が咲いていた。
c0190391_1642431.jpg

菜の花は風に揺れているのがよく似合う。


早咲きの河津桜だろうか。
c0190391_1643881.jpg


季節ごとに感じる香りは、その季節を過ぎると忘れてしまう。

翌年、また同じ季節が訪れると、

忘れていた香りを、頭の中の奥にある引き出しから取り出す。

まるで衣替えをするかのように。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-01 17:16 | 自転車

Robert Doisneau ロベール・ドアノー

c0190391_1824572.jpg

暖かい日射しが春のような朝。

いつもなら、自転車に乗って海へ向かうのだが、

今日は午前中に美容院でカットを済まし、

午後からは、女友達とロベール・ドアノー写真展が開催されている京都へ向かう。

パリで撮られた写真、約270点が展示されていた。

ロバート・キャパのようにジャーナリスティックな写真でもなく、

アンリ・カルティエ=ブレッソンのようにストイックで

計算し尽くされたような写真でもないが、

ロベール・ドアノーが捉える街や人々の表情…

適度なユルさが魅力的に感じた。

写真と街と人が好きでたまらないんだろうなという事が、

作品からじんわりと伝わってくる。

More
[PR]
by vento-e-luz | 2009-02-14 16:58 | 写真

Um navio e uma bicicleta 船と自転車

c0190391_210585.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-02-02 21:02

Uma cidade noturna 2 夜の街 2

c0190391_2048584.jpg

ある夜、カフェを借り切って行われているパーティへ行った。

仮設のDJブースが設置されてはいるものの、

ただ大きな音を鳴らしているだけという印象で、

お世辞にも良い音とは言えない。

友人とカウンター席に座り時間をやり過ごす。

しばらくすると、それまで流れていたハウスミュージックから、

突然、骨太いFUNK Exit 9 が流れ、

居心地が悪いと感じられたフロアの空気を一気に変える。

どんなDJかなとブースを見ると、黒い曲からは想像もできない、

モデルの様な、スレンダーで美しい女性がPLAYしていた。

その容姿には似合わない黒い音を次々に繋いでいく。

友人とあっけにとられながら、踊るわけでもなく見入ってしまう。

あっと言う間に時間が経ち、彼女は最後に Viva Brasil を掛けて、

次のDJに交代した。

「彼女は何者?」

帰り道、友人とそんな事を話しながら、夜の街を自転車で走り抜けた。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-29 20:51 | 写真

Uma cidade noturna 1 夜の街 1

c0190391_20223052.jpg

会社勤めをしながらも約8年間、CLUBでDJをしていた。

あるパーティの夜、人でごった返す時間が過ぎ、

酔いつぶれた人たちが隅のほうで、うたた寝をし始める時間。

ダンスフロアで踊る人はまばらになっていた。

そんな中で一人の女性は、心地良さそうに目を閉じながら、

しなやかに体を揺らしている。

彼女に目をやりながら、次に掛ける曲を選ぶ。

いつもレコードバッグには入れていたが、

CLUBでは使う事がなかった30年前の曲、大貫妙子の都会

少しBPMを早めて、前の曲と繋いでいく。

しばらくすると、彼女がDJブースに近づいてきて話かけてきた。

モニターとフロアの大音量で彼女の声が聞こえない。

耳を近づけ2、3度聞き返し、ようやく聞き取れた。

「この曲、何ていう曲ですか?」

黙ってレコードジャケットを見せて、指差す。

彼女は微笑みながら頷き、再びフロアに戻り体を揺らした。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-27 21:20 | 自転車
line

Tempo confortável…心地よい時間…自転車、山、写真、音楽…


by vento-e-luz
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31