Tempo confortável…

ventoeluz.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Uma fragrância da primavera 3 春の香り 3

8:00に待ち合わせ、ヨットハーバーへ向かう。

雲一つない空の下を駆け抜ける。

昼に来客があるため、大慌てで帰路へ。

イチゴを持って、訪ねてきて下さった。
c0190391_18468.jpg

今朝取れ立てのイチゴが箱いっぱいに詰め込まれていて、

部屋中にイチゴの甘い香りが広がる。

一つ頂いてみると、その香りの何倍も甘い。

季節ごとに旬のものを食べるという事は、

当たり前の事に思えるが、なんて贅沢なんだろう。
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-21 18:22 | 自転車

O mar da primavera 春の海

c0190391_19582218.jpg

AM9:00に待ち合わせ、快晴の中、西へ向かう。

神戸、須磨、垂水、舞子、明石、大久保、二見まで走る。

あまりの心地良さに、止まるのがもったいなくて、

ほとんど写真を撮れず終いだった。

今年に入ってから初めての100km/日 。

暖かくなるにつれて、走行距離が延びていく。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-15 20:11 | 自転車

Saudade サウダージ

c0190391_20562332.jpg

Saudade(サウダージ)
 
郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などの意味合いを持つ、

ポルトガル語およびガリシア語の語彙。

他の言語では一つの単語で言い表しづらい複雑なニュアンスを持つ。

単なる郷愁(nostalgie、ノスタルジー)でなく、温かい家庭や両親に守られ、

無邪気に楽しい日々を過ごせた過去の自分への郷愁や、大人に成長した事で

もう得られない懐かしい感情を意味する言葉と言われる。

だが、それ以外にも、追い求めても叶わぬもの、

いわゆる『憧れ』といったニュアンスも含んでおり、

簡単に説明することはできない…
Wikipediaから抜粋


喜怒哀楽以外にもたくさんある、人間の感情を表現していて好きな言葉。

ボサノヴァやブラジル音楽を聞いていると、頻繁に歌詞に散りばめられている。

ポルトガル語は、日本語の母音と子音に近い発音で、

日本人の耳に馴染みやすく心地よいと何処かで読んだ記憶がある。

個人的 Saudade のイメージは、夕暮れの海。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-11 20:57 | 自転車

和田岬駅

(2009年8月 駅舎は解体されました)
c0190391_19362645.jpg

神戸の中心からそれほど離れていないにも拘らず、

地方のローカル線の様な雰囲気。

そういえば、幼い頃はどこの駅でも駅員さんが改札口に立っていた。

駅員さんが立つための囲いは「ラッチ」というのだそう。

今は無人駅。

c0190391_19372699.jpg

朝晩のみの運行。

三菱関係の工場で働く人々の通勤の足になっている。

c0190391_19381881.jpg

大きな桜の木は、もうすぐ花を咲かすだろう。

昼間は運行されていない事を分かっているのか、

犬が線路を我が物顔でゆっくりと歩いていた。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-09 19:54 | 自転車

跳ね橋 -西宮 御前浜橋-

昨日あたりから花粉の影響なのか、目のかゆみが気になり、

目薬を購入してから西宮浜、甲子園浜方面へ向かう。

快調に走り、御前浜橋 を渡ろうとすると、

橋を跳ね上げている最中だった。
c0190391_15263579.jpg

開閉が終わるまでベンチに座り、15分ほど休憩。

西宮ヨットハーバーへ立ち寄った後、湾岸線と並走して甲子園浜へ。
c0190391_1527697.jpg

c0190391_15272582.jpg

冷たい空気と暖かい空気が入り交じった風が心地良い。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-08 15:49 | 自転車

神戸中央卸売市場

さらば名ロケ地 神戸・中央卸売市場再整備
c0190391_1531473.jpg

c0190391_15312111.jpg

c0190391_15313730.jpg

c0190391_169846.jpg

香港の路地裏を思わせる市場西側。

この市場西側飲食店二十三軒のうち、新棟に移る九軒を除く、

十四軒の大半が廃業を決めたと、神戸新聞で報じられていた。

美味しい洋食を食べさせてくれる平岡食堂 はどうなるのかと気になり、

今日のポタリングで立ち寄る。

ドミグラスソースがたっぷりかかったトンカツ定食を頂いた後、

お店の奥さんに今後の事を尋ねると、移転して続けられるそうで一安心。

しかし、あのお店の佇まいがなくなってしまうと思うと寂しい。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-07 15:54 | 自転車

稲荷市場

c0190391_2311153.jpg

神戸市周辺に住んでいても、稲荷市場に訪れた事がある人は、

少ないのではないだろうか?
c0190391_2311306.jpg

シャッターが閉じられている店も多いが、

イチローも訪れた事がある お好み焼のひかり や、

ホルモンの中畑商店は昭和下町の雰囲気そのまま。

人通りが多く、華やかな旧居留地やハーバーランドを走り抜けた後、ほっと一息。

空腹も満たされ、お勧めの場所。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-06 23:43 | 自転車

旧高嶋邸

甲南漬の製造で財を成した後に建てられた旧高嶋邸 (昭和5年築 設計清水栄二)。

アールと直線、和と洋をうまく取り入れた設計に、何度訪れても見入ってしまう。

c0190391_172467.jpg
c0190391_17242124.jpg
c0190391_17243534.jpg
c0190391_17245318.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-01 17:36 | 自転車

Uma fragrância da primavera 2 春の香り 2

数日前の菜種梅雨を忘れさせるような晴天。

この時期に降り続く雨を菜種梅雨というからには、

もう菜の花は咲き始めているのだろうか?

そんなことを考え、暖かい日射しと時折吹く冷たい風を浴びながら、

ゆっくりとペダルを漕ぐ。

灘浜に近づくと花の香りに気付き、公園付近に目を向ける。

花壇に植えられた菜の花が咲いていた。
c0190391_1642431.jpg

菜の花は風に揺れているのがよく似合う。


早咲きの河津桜だろうか。
c0190391_1643881.jpg


季節ごとに感じる香りは、その季節を過ぎると忘れてしまう。

翌年、また同じ季節が訪れると、

忘れていた香りを、頭の中の奥にある引き出しから取り出す。

まるで衣替えをするかのように。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-03-01 17:16 | 自転車
line

Tempo confortável…心地よい時間…自転車、山、写真、音楽…


by vento-e-luz
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31