Tempo confortável…

ventoeluz.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Uma cidade noturna 3 夜の街 3

c0190391_9284784.jpg

友人たちと酒を飲み、一人で家に帰る途中、

決まってコーヒーが飲みたくなり、

遅い時間まで営業しているカフェに立ち寄る。

ある夜、いつも笑顔で迎えてくれるスタッフの女の子に、

「このカフェ、夜も良いけど、朝も似合いそうだね」

アルコールが入っていたせいか、調子に乗り軽い気持ちで伝える。

数日後、酒を飲んでから、いつものようにこのカフェに立ち寄ると、

笑顔の彼女がコーヒーを持ってきて、こう言った。

「来月から朝の営業も始めることになりました、朝も来て下さいね。」

詳しく彼女に聞くと、僕の発言がきっかけで経営者に自分で交渉し、

朝は彼女一人で切り盛りするという条件で許可を得たという。

少し責任を感じた僕は、朝の営業を始める初日に一番客として行く事と、

朝のカフェに似合うCDをプレゼントする約束をした。

More
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-31 09:34 | 写真

Uma cidade noturna 2 夜の街 2

c0190391_2048584.jpg

ある夜、カフェを借り切って行われているパーティへ行った。

仮設のDJブースが設置されてはいるものの、

ただ大きな音を鳴らしているだけという印象で、

お世辞にも良い音とは言えない。

友人とカウンター席に座り時間をやり過ごす。

しばらくすると、それまで流れていたハウスミュージックから、

突然、骨太いFUNK Exit 9 が流れ、

居心地が悪いと感じられたフロアの空気を一気に変える。

どんなDJかなとブースを見ると、黒い曲からは想像もできない、

モデルの様な、スレンダーで美しい女性がPLAYしていた。

その容姿には似合わない黒い音を次々に繋いでいく。

友人とあっけにとられながら、踊るわけでもなく見入ってしまう。

あっと言う間に時間が経ち、彼女は最後に Viva Brasil を掛けて、

次のDJに交代した。

「彼女は何者?」

帰り道、友人とそんな事を話しながら、夜の街を自転車で走り抜けた。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-29 20:51 | 写真

Uma cidade noturna 1 夜の街 1

c0190391_20223052.jpg

会社勤めをしながらも約8年間、CLUBでDJをしていた。

あるパーティの夜、人でごった返す時間が過ぎ、

酔いつぶれた人たちが隅のほうで、うたた寝をし始める時間。

ダンスフロアで踊る人はまばらになっていた。

そんな中で一人の女性は、心地良さそうに目を閉じながら、

しなやかに体を揺らしている。

彼女に目をやりながら、次に掛ける曲を選ぶ。

いつもレコードバッグには入れていたが、

CLUBでは使う事がなかった30年前の曲、大貫妙子の都会

少しBPMを早めて、前の曲と繋いでいく。

しばらくすると、彼女がDJブースに近づいてきて話かけてきた。

モニターとフロアの大音量で彼女の声が聞こえない。

耳を近づけ2、3度聞き返し、ようやく聞き取れた。

「この曲、何ていう曲ですか?」

黙ってレコードジャケットを見せて、指差す。

彼女は微笑みながら頷き、再びフロアに戻り体を揺らした。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-27 21:20 | 自転車

Vento de inverno e a primavera 冬と春の風

7時に起床するものの、向かう先の天気をチェックすると、

本格的に雪が降っているとの事なので、

コーヒーを飲みながら待機する。

路面はまだ濡れているが空が明るくなり、10時頃に出発。

予定していたコースを縮め、西宮方面へ。

立派な煉瓦造りの倉庫。この辺りは酒蔵通りと呼ばれ、酒造会社が立ち並ぶ。
c0190391_155246.jpg

浜の方へ向かうと風は強いが、刺すような冷たさは感じない。

冬と春が入り交じっているような風。

その風を受けながらウィンドサーフィンが水面を滑るように進んで行く。
c0190391_15524559.jpg

きっとこのサーファーも風の変化を感じているだろう。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-25 16:15

O mar do inverno 2 冬の海 2

前日の天気予報で、冷え込むと聞いていたので、

インナーを多めに着込み、海へ向かう。

上空の風が強いのか、製鉄所の煙突から出る水蒸気が真横に流され、

雲と混じり合う。
c0190391_14514955.jpg

コンテナヤード付近の空に目を向けると、

澄んだ空と、立体的に見える分厚い雲とのコントラストが美しい。
c0190391_14501856.jpg

砂浜に立てられたビーチバレーのポール。
c0190391_1452364.jpg

寒い冬の海には、誰もいないのが一番似合う気がする。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-24 15:11 | 自転車

Um canto de rua 街角

c0190391_19114162.jpg

海、空、風、木花の色…

四季を感じる事が出来るので、

自然の中を走るほうが好きだが、

今日は街の中をゆっくりと走る。

都会の中でも四季を感じる。

ショウウィンドウやディスプレイ、行き交う人達のファッション…。

友人が働くショップでは、既に春物の服が入荷している。

まだまだ寒い日が続くが、ずいぶんと日が長くなった。

春はゆっくりと近づいて来ているのだろう。

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-20 19:34 | 自転車

FishEye style?

c0190391_19243330.jpg

シルバーの丸くて大きなオブジェの前で。

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-19 19:32

Nebulosa

今日は雨の予報。ポタリングはあきらめる。

前日に予約した美容室へ向かう。

帰宅し、夜の約束までは時間があるので、写真の整理。

ピアノを撮った写真が目に留まった。
c0190391_16058.jpg

久々にピアノジャズを聴きたくなり、Tenorio Jr.の

Nebulosaが収録されているアルバムをターンテーブルに載せる。
c0190391_16151582.jpg

短い曲ながら美しいフレーズが繰り返され、次第にヒートアップする演奏。

当時のナイトクラブやホテルのバーはこんな感じだったのだろうか?

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-18 16:18 | 自転車

Eu vejo o mar 海を望む

午前中、早くに家を出るつもりでいたが

後輪ブレーキの片利きと変速の調整に手間取り、

午後からの出発になってしまう。

数日前とは打って変わって、暖かい陽射し。

摩耶山麓のケーブル駅までひたすら坂を上る。

年代物のケーブルカーがひっそりと運行されている。
c0190391_16425948.jpg

標高100m付近の住宅街にポツンとある駅周辺から海を望む。
c0190391_16432428.jpg

息切れと汗がようやく落ち着き、陽が傾く前に帰路へ。

春になると桜のトンネルになる坂道を下る。
c0190391_1645141.jpg

西陽が射し込む木々の切れ間から見えていた海が、

坂を下るにつれ次第に見えなくなるのが名残惜しい。

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-17 17:33 | 自転車

When do you finish?

c0190391_2031645.jpg

1962年頃に発売されたカメラ、RICOH オートハーフ。

タバコの箱とほぼ同じ大きさ、

今でも通用するミニマリズムを追求したようなデザイン。

絞りやシャッタースピードの設定を省略し、

当時珍しかったフィルムの自動巻き上げを実現した。

このカメラは、ハーフサイズカメラと呼ばれるもので

フィルム1コマの大きさを半分にして

2倍のコマ数を撮影できる。(24枚撮りフィルムだと48枚撮影可能)

たくさん撮れるので、撮り終えるまで時間がかかり、

卒業式の写真を撮って現像してみると、

最初の数枚が入学式の写真だったという、

当時の笑い話が微笑ましい。

次のポタリング時に持ち出そう。

撮り終えるのは、いつになるだろう?

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
[PR]
by vento-e-luz | 2009-01-15 20:38
line

Tempo confortável…心地よい時間…自転車、山、写真、音楽…


by vento-e-luz
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー